UVカット子供服(海外直輸入のお店) すずのすけ本舗のご挨拶 注文方法 特定商取引法 onmouseout="MM_swapImgRestore()" onmouseover="MM_swapImage('Image4','','//img09.shop-pro.jp/PA01043/715/etc/tbtn_04_.gif',3)">お問合せ
カートを見る
すずのすけ本舗ブログ

太陽と上手に付き合おう!

子供は太陽の光を浴びれば浴びるほど丈夫になる。真っ黒に日焼けした子供イコール元気な子、日焼けは元気の代名詞。なんてまだ考えてませんか?そのような考えは大間違いなんです。色々な研究が進められる中で、太陽の光に含まれる紫外線は人間にたくさんの悪影響を与えるものだと分かってきたのです。オーストラリア等の紫外線対策先進国の国々では、子どもの頃から紫外線による悪影響から自分を守る教育がなされています。では日本ではどうでしょう?紫外線が有害なことはきっと大人なら誰もが分かっていて、日傘をさしたり、日焼け止めをぬったり、ご自身のケアはされていると思います。それではもっと敏感な子どもの肌に対してのケアはどうしていますか?

紫外線による悪影響を簡単にまとめてみました。

■遺伝子に傷をつけ皮膚ガンの原因になる。
■免疫機能を低下させ感染症にかかりやすくする。
■白内障の原因となり、視力を低下させたり失明させたりする。
■シミ、シワの原因となり、人間の見かけを悪くする。

ざっと並べてみただけでもこんなにたくさん。何気なく浴び続けていくことに抵抗を感じてしまいます。 また、これから環境悪化によりますます紫外線量が増え続くことが想定されている中で、 子どもたちにどうしてあげればよいでしょうか?大人が気をつけてあげなければならない状況がもう来ています。

オーストラリアを旅行していると、ほとんどの大人がサングラスをかけていることに驚かされます。例えば4人が車に乗っているとしたら、4人全員が(後部座席の人まで)サングラスをかけているのです。日本ではサングラスをかけていると、一般的にはただのおしゃれ、またはかっこつけているなどと、マイナスイメージになりがちです。ところがオーストラリアではかけてて当たり前、逆にかけていない方がかっこ悪いのです。公園で遊んでいる子どもにも、サングラスをかけさせている親も良く見かけます。それはオーストラリアの上空にオゾンホールが見つかり、紫外線対策は日本より深刻だからです。

このホームページでは「紫外線から身を守る・特に無防備無垢な肌の子どもたちの紫外線ケア」をテーマに、色々な紫外線対策された商品を随時紹介していきたいと思っています。
大人が出来るだけのことをして何年先も生まれたての肌でいられますよう、このホームページが役に立つことを願っています。